エキブロの1日の話題を総まとめ。毎月記者総入れ替え!※このブログはエキブロガー有志が集まって運営しているブログです。公式ブログではありませんのでご了承下さい。
by news_writer
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
【日刊エキブロ新聞】 2..
from 自戒録 by hito vo..
エキサイトブログはなぜ他..
from りべろぐ
再見
from ZeroMobile
【井戸端】新企画の提案で..
from ダーサの遊園地 (魔猫)
卒業
from 世祓い
愛がなくっちゃね
from Adan Kadan Blog
久々に編集部に戻ると
from ドクター・ストップ 宿題が終..
カタチ。
from 暇つぶしのウナギ御飯。
「牛と娘と音楽と。」アク..
from 牛と娘と音楽以外。
FAGEオフ
from 別冊aradas☆japan
検索
カテゴリ:特集記事( 33 )
【特集】対談2 女プログラマってどうよ?×言壺

いつも日刊エキブロ新聞をご覧頂き、ありがとうございます。

本日は日刊記事をお休みして、対談第二弾をお送りします。
今回登場頂くのは「女プログラマってどうよ?」のxiaoxiaさん。お相手は「言壺。」のkototuboがつとめさせていただきました。

さて、どんなことを話せば…?と始めたところ、仕事のこと、ブログのこと、そしてスーツ萌えについてとかなりの雑多煮になってしまいました。カテゴリはその3つです。
前回のharryblogさんの対談とは異なり軽めとなっております。えー…真摯な文章をご期待の皆様、すみませぬ。なお、毛色の違う内容を並べましたので、興味のあるところだけ拾って読んでいただいても嬉しいです。

それではどうぞ!↓




どういうわけか対談〜まずは仕事の話から
kototubo(ことつぼ 以下・言壺):どういうわけか対談になってしまったわけですが、私と小霞さんの共通項というと…

xiaoxia(しゃおしあ 以下・小霞):コンピュータを触るエンジニア系の女子、というイメージ?「正規表現(注1)」のあたりとか

言壺:「正規表現」!…実は未だに躓きっぱなしです。perlでいじくるのは分からなくなってきたので、テキストエディタの置換で出来る範囲で…でもちゃんと置換できると「これはすごい!」と思います。

小霞:難しいですよね、あれは。でも一発でばっちり置換できるのが書けると、爽快ですよねー!

言壺:ぱそこんさいこー!と思います(笑) そんなところでお仕事のお話を少し…小霞さんはブログ名からして職業ですし。プログラマさん、というと「プログラムを書く人」になるのですか?

続きを読む
[PR]
by news_writer | 2005-11-20 15:27 | 特集記事
11/12号 土曜版 「エキブログルメ旅」
秋、といえば何を想像しますか?
「スポーツ」「読書」「切ない片思い」 いろいろあるとは思いますが
やはりいちばんは「食欲の秋」ですよね。……ね?

本日は通常記事と趣向を変えまして、
記者が見つけたグルメページを特集しました!
エキブロ内で「食欲の秋」を満たすページの数々
どうぞごゆっくりご覧ください。

                          *blogタイトル50音順*



アジアな食卓
パン・チーズ・インドカレーが好きなkukikaさんのごはん日記ブログ。日々食べたものを丁寧にレポされていて、自分でも食べて(作って)みたくなります。バンコク旅行記や台湾食べ歩きレポもあります。(記者:phlogiston-76

明日はハレルヤ
「秋の益子とたらばがに」ハム・卵・チーズなどサンドイッチの具材っていろいろあるんですが、tiki-tiki2005さんのところで見つけたサンドイッチはなんと具が”たらばがに”ですよ〜
いろんな蟹の食べ方がありますけどこんなの初めてです(記者:fuuki-no-botan

甘い毎日
「デザートも人生も、甘く生きたいんです。」というprincess1975さんのブログ。とにかく甘くて美味しそうな写真が満載!思わず涎が。。。1つ1つにちょっとした感想もついていて、それを参考に選んでみるのも楽しいかも。(記者:kemicho

おいしい日々
その名の通り、おいしいもの満載なpiomakojunyouさんのブログ。 スウィーツもお食事も写真がいっぱい。美味しそうな写真の撮り方の勉強にもなります。最新記事は長野・小布施町「竹風堂」の栗菓子。秋の味覚ですね。(記者:mami-lune

きたぐにDAYS
寿司折り・その箱にある快楽 超豪華!ちらし寿司なのに、にぎりのネタのようなぷりっぷりの海老やイクラ・雲丹などが宝石のようにきらきら輝いています。順々にアップになっていく画像が食欲をそそりますね☆空腹時に見ると気絶するかも?(記者:fuuki-no-botan

cous_cous
グルメ専門のブログというわけではないですが、美味しそうな写真がたくさん。
こがしキャラメルは普通に食べたくなりました。というかすぐに買ってきて食べました。笑。(記者:kemicho

グルメ☆新商品!!
コンビニ大好きなgurume77さんが、あらゆるメニューを紹介。
新製品・期間限定品のスウィーツ・ドリンクの情報が満載!(記者:kozutuming

コトコトきっちん
aoitsukinousagiさんのブログ。
完成品の写真はどれも目に麗しく、こんなのが自宅で食べられるなんて!と思います。レシピが写真と共に掲載されており、料理番組のよう。これを見れば自分でも簡単にできそう?一番気になっているのは「まるごとPumpkin Pudding」です。(記者:kototubo

じぶん日記
グルメブログとして、PUBにも選ばれた55aiaiさんのブログ。美味しそうな写真がこれでもかっ!っていうくらいに満載です。いやもうホント美味しそうでたまりません。涎。(記者:kemicho

湘南発☆韓流生活
秋の豆腐料理と言えば、定番の湯豆腐なんか真っ先に思い浮かびますが、たまにはこんな(トゥブゥジョリム)豆腐の煮物なんかもいかが?お父さんにはビールのつまみとして、育ち盛りのボクたちには、ごはんがごはんがススム君♪(記者:fuuki-no-botan)

【畳、半畳。】〜お父さん、女装でマタハリ〜
幕間に軽くソバを一杯。寄席の帰りに丼ものをかっこむ。ある日の夕餉に鯵のつみれ汁をこしらえ、昼には銀座で食べ歩き。そんな小粋が自然体のlinceiさんのブログ。喉が鳴るような食事の数々です。お八つもあります。(記者:naritto

食べたん
『突撃!buumi家の晩ご飯』の名の通りbuumiさんちの夕飯の写真が食欲をそそります。
注目は採れたいの野菜と釣りたての魚。
見るたびにbuumiさんちに生まれたかったと思います。(記者:zoo659

ちばらき&つくばを食べよう
茨城県南地域にお住まいのsatoshii_room103さんのブログ。
その名の通り、茨城県南を中心とした様々な飲食店の情報を載せています。
実際にお店まで足を運んでレビューしているので、その情報は確実かと。
私もここの情報を元に食事に行ったりすることも。(記者:kemicho

*HALの賄いキッチンblog
大根・里芋・蓮根と、秋も深まり根菜類が美味しい季節になってきましたね。
そこで見つけたいかにも美味しそうな筑前煮♪つやつやしたテリにほっぺが緩みます。
ブログには材料や作り方だけじゃなく、付け合せのタレなどのアイディアも紹介されています。なんと辛子明太子まで手作りに挑戦していますよ!(記者:fuuki-no-botan

まいにちをおいしくたのしくBlog
毎日がグルメ、そんな、apple_ibookさんのブログ。とにかく画像がキレイかつ丁寧で数も多い。どんなに美味しいそうな料理が出てきても、「ちょっと待って」とカメラを取り出して接写する、そのプロ意識はすごいなぁと思います。美味しいものを探すにはやはり自分でお金を払っていろいろな店を訪ねることが必要なのだなぁと。この美味しんぼめ!(記者:ikkyuu_as_cousaku)

もりおか宅呑み日記
岩手県、盛岡市在住のyu-sa7977さんのブログ。
三陸産の海産物や新鮮な野菜を使った「宅呑み」の料理の他、市内・近郊の「呑める店」も紹介してくれている。また、モリオカのランチNo.1はどこ?では、ランチで利用できる、気軽に楽しめる旨い店をレビュー。時折、盛岡の美しい町並みも紹介してくれるのが嬉しい。(記者:ikkyuu_as_cousaku)





「エキブログルメ旅」いかがでしたか?
どちらのページも「食」を楽しんでらっしゃるなあと感じます。
毎日の身体をつくる食卓や自分へのちょっと豪華なご褒美。
「食」をもっと楽しんで豊かな生活ができたら素敵ですね。

他にもグルメブログを知ってるよ!と言う方、
どんどんタレコミ情報お待ちしています!

それでは素敵な週末を!

(記者:mami-lune)






無理やり割り込んで編集長バント君が青ざめている様子を想像していますicedayです。
ぐるぐるグルメで体脂肪率アッピングな企画はいかがでしたか? 
細胞は日々生まれ変わる。ならば美しき細胞を。
これが今日のマーチ、そう。コアラのマーチです。
大好きな人がタルタルソースを唇の端につけたまま笑っているとします。
これを愛しいと思えるのならば、その人と結婚すべきでしょう。
思わないのならタルタルソースを愛せば良い。そういうことです。
以上、なにひとつ紹介記事を書いていない近海さんが、眠れぬあなただけにお送りしました。
お願い! 削除しないで!

(死者:iceday)

[PR]
by news_writer | 2005-11-12 08:39 | 特集記事
【特集】対談1「エキサイト上場一周年:これまでのエキブロ これからのエキブロ」
2005年11月2日、株式会社エキサイトがJASDAQ上場一周年を迎えました。
社長の山村さん、そしてスタッフの皆さん、本当におめでとうございます。

コミュニティ形成に役立つサービスに支えられ、ユーザも様々なコミュニケーションを楽しんでいます。この「日刊エキブロ新聞」もユーザの自発的な企画ではありますが、エキサイトに提供されたブログという場所や道具があって初めて成立しています。感謝とともに、エキサイトの今後の益々の発展を祈念します。

さて、「日刊エキブロ新聞」特集企画の第一弾は、この上場一周年の機会に、エキサイト社長、山村幸広氏のCNET Japanに掲載されたインタビューを記事に取り上げられたharryblog(ハリー)さんとの対談です。

ハリーさんは2004年3月からのエキサイト・ブログサービスのユーザであると同時に、IT人、企業人という視点からもエキブロでのブログコミュニティ形成を見守っていらっしゃいました。記者周辺のエキブロ・コミュニティでは「おやっさん」として親しまれているハリーさんのエキブロ観をうかがいます。(対談日:2005年11月5日 記者raphie

harryblogさんとの対談
「エキサイト上場一周年:これまでのエキブロ これからのエキブロ」

ハリーさんがエキサイトでブログを始めたのは昨年の3月ということですが、その頃のエキブロの印象をお聞かせください
「ワシで8千番台でしたが、サービス開始が2月はじめで、その1ヶ月の遅れを取り戻そうと一生懸命歩きました。初めから女性が多い、というか発言力ありまして、それが新鮮でした。たまにPTAに出ることになった父親みたいなもんです」

その頃からブログとコミュニティ形成というのは、一般的に結びついているものだったのでしょうか?
「ええ、それ以前からブログというムーブメントには興味があって、いわゆるアルファギーク達が面識も無いのに議論しているのを羨ましいと思っていた。それが、実際エキブロに入ってみると普通の主婦達が井戸端会議しているような感じで、他では知ることのない世界に触れて驚きましたが、ちょっとずつ近付いてみると、暖かく受け入れてくれて嬉しくなった、ってところです。(ブログは)3~4社に作って比較しましたが、(エキサイトは)機能は少ないけど操作性が一番よくて気に入ってました」

エキブロの使いやすさは、間口を広げることとコミュニティ形成に役立っています
「2ヶ月ぐらいしてからかな?懇意にしてくれたカリスマの女性が荒らしにあって、鍵で相談されたんだけど、力及ばず、結局閉じることになった。という事件があって、それからですね。ユーザー同士の団結と会社への要求ということを考え出したのは」

(続きも読む)
[PR]
by news_writer | 2005-11-07 00:00 | 特集記事